自宅の庭にも「間伐」が必要!?

自宅の庭を美しく保つため、草刈りや庭木剪定作業を行うために、安心して作業を任せることができる植木屋をお探しの方はいらっしゃいませんか。「自宅の庭にも間伐は必要なのか?」と疑問視されている方もいらっしゃるでしょう。そんな疑問を感じている方に、間伐について詳しく紹介したいと思います。

間伐って何?

間伐とは、木を間引きする作業のことをいいます。密集した状態で成長した木々は、隣同士の枝が重なりあってしまうため、木や根元、地面の発育に必要な太陽の光を遮ってしまいます。欠点のある木や劣勢の木、立ち木の過密など、成長を妨げる一部の木々を間引きすることで、木々は活き活きと成長することができるのです。

間伐を行わずに木々を放置すると?

林

間伐を行わずに木々を放置すると、木々は弱り、下枝が枯れ、力の抜けた姿になってしまいます。本体である樹木だけではなく、大地や下草、根などにも悪影響をもたらすため、大雨や風雪による被害も受けやすくなります。

間伐を行うことは、木々の成長を助けるだけではなく、自然災害を防ぐことにも繋がるのです。
また、木々は光合成により、地球温暖化に影響を及ぼす大気中の二酸化炭素を吸収して、酸素を放出してくれる重要な存在でもあります。間伐を行って木々の命を守ることは、私たち人間の生活を豊かにするためにも必要なことなのです。

自宅の庭は?

庭

間伐と聞くと、森林などの木々が生い茂っている場所で行う作業というイメージが強いと思います。しかし、雄大なお庭を所有しているのであればもちろん間伐作業は必要になります。

夏場の枝葉は成長のために大量の水を吸い上げているので、木の重量が大変重たくなっています。秋に突入すると、木々も乾燥していくので軽くはなりますが、見た目以上に木や枝は重たいので、自身で間伐を行うことは大変危険です。木々に平等に日光を当てる作業は困難を極めますので、事故を防ぐため、木々を守るためにも、間伐作業は専門の植木屋に依頼することをおすすめします。

札幌市北区に所在する北の庭木専門 こだま屋では、庭木の剪定や伐採、お庭の草刈り、草むしり、冬囲いなど、様々なサービスを提供しております。個々のニーズに応えるため、より良い暮らしをお届けするために、全力でサポートさせていただきます。見積もりは無料ですので、札幌市・石狩市で信頼できる植木屋をお探しの方や料金が気になるという方は、お気軽にお問い合わせください。

のページの先頭へ

バナースペース

北の庭木専門 こだま屋

〒002-8091
札幌市北区南あいの里4丁目11番

TEL 090-6444-9796
(担当:児玉)
<受付:朝9時〜夕方5時>