冬を迎える支度はできていますか?

本格的な雪の季節が近づくにつれ、冬支度をする家庭が増えます。コートやセーターといった冬物衣類の準備をはじめ、雪かき道具や除雪機、スタッドレスタイヤなどの用意が欠かせません。そんな冬支度の1つに冬囲いがあります。

冬囲いの目的とは

冬囲いの目的とは

庭という空間を彩る樹木には様々な種類があり、その中には寒さに弱い植物も当然存在します。そんな植物を寒さから守るために竹や縄、藁などを使って樹木を囲む、冬囲いが必要になるのです。また、積雪地域では雪の重さから保護するためにも行われます。

春先の雪は特に重い傾向があり、樹木には大きな負担となるのです。そして、寒さや雪から守るだけが冬囲いではありません。冬季ならではの景観を楽しむ装飾という意味合いもございます。囲った樹木の上に雪が降り積もる、その美しさは夏や秋の庭とひと味違うでしょう。

冬囲いには様々な方法がある

松をはじめとする高木には雪吊り、中低木には三叉しぼりなど、冬囲いには様々な方法があります。また、高低に関わらず使える方法として竹囲いなどもございます。様々なやり方があるため、樹木の形状や性質に合わせた方法を選ぶことが大切です。

業者への依頼がおすすめ

業者への依頼がおすすめ

ホームセンターでも冬囲いの材料は販売されており、個人でも挑戦しようと思えば可能です。

しかし、間違った冬囲いは植物の成長を妨げます。また、装飾目的の場合、あの美しさを演出するのは容易ではありません。だからこそ、業者への依頼をおすすめします。

札幌市で冬囲いのご依頼なら、北の庭木専門 こだま屋にお任せください。雪吊りや幹吊り、竹囲い、三又しぼり+むしろなど幅広く対応しています。そして、春の冬囲いはずしも行っています。北の庭木専門 こだま屋以外で施工したものも承りますのでご相談ください。また、庭木の剪定伐採、草刈りサービスなども提供しており、剪定・伐採に関しては一年中対応しています。冬囲いや剪定の費用見積もりについてなど、ご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

のページの先頭へ

バナースペース

北の庭木専門 こだま屋

〒002-8091
札幌市北区南あいの里4丁目11番

TEL 090-6444-9796
(担当:児玉)
<受付:朝9時〜夕方5時>